アールアンドアイは田園都市線、東横線エリアの賃貸物件のご紹介からリフォーム、コンサルティングまで、皆さまの快適な暮らしをサポート致します。

3つのR&Iでお客様に満足をお届けいたします。
  2014年1月の月別アーカイブ

日経新聞記事(あすへの話題)抜粋より

漢字をあてはめれば「活け殺し」。いささか物騒だが、ななかなか良い言葉だと思っている。これはそもそも川喜田半泥子という三重県の津に住んでいた銀行家でかつかつ近代の代表的な数寄者のことばである。
 半泥子は素人ながら焼物の名人であった。「陶車のイケゴロシとは一つの形を作るのに急所に力をいれて、其外は気を抜いてをく事ともいえる」。細部まで気を張ってつくったらノンベンダラリとなる。ここぞという所だけ一気息を殺して、あとはなりゆきで総てを生かすというのが半泥子手法だとい。事業でも人使いでも同じことで、のべつ幕無しに気を張っていたら、仕事も活気を失うし、人もやる気を失せてしまう。
肝心な所だけきちんと押さえておけば、あとは任せることだという。
参考になる記事でした。日経新聞夕刊 あすへの話題より

明けましておめでとうございます。
皆様にとって、この1年が希望と繁栄の満ちたもので有りますよ御祈り致します。

信用・信頼をモットーに仕事に邁進致します。
本年も宜しくお願い致します。